清水サバのおいしいおかず(*^u^*)

こんにちは、集荷担当スタッフです(^_^)/

今日は集荷の話題から離れて、我が家の定番サバレシピを1つご紹介☆ 皆さんはサバを食べるとき、どんなふうに料理されたものを食べることが多いですか?サバの味噌煮?塩サバ?それともしめ鯖でしょうか?

我が家はどれも食卓に上りますが、私が子供のころから一番好きなのが【サバの黄金焼】です☆

なかなか大層な名前、と思いますよね(^_^;) 母が昔から作ってくれていたので、清水の定番料理なのかと思いきや………友人に聞くもみんな口をそろえて『知らんねぇ(^_^;)』との事。母も誰に教わったのか覚えていないらしく、どこからつたまって我が家の味になったのかは全くの不明です(^_^;)

 

では、作り方を紹介しますね☆

【サバの黄金焼き】

*材料*(2~3人前)

サバ(三枚おろしにされたもの)・・・2尾

卵・・・1個

塩コショウ・・・適量

小麦粉・・・適量

 

*作り方*

①三枚おろしになったサバの中骨を抜いておき、そぎ切りにする。

②キチンペーパーで水気を拭き取り、塩コショウしておく。

 

③ポリ袋にサバと小麦粉を入れ、口をしっかり持って振り、粉をまんべんなくまぶす。

 

余分な粉は叩いておく。

④熱しフライパンに油をなじませ、溶き卵にくぐらせたサバを焼く。片面に焼き色が付いたら溶き卵にくぐらせてからひっくり返す。しっかり中に火を通して完成☆

 

卵に味は付けていないのでサバにはしっかり目に塩コショウしておくのがお勧めです☆

お好みでとんかつソースやお醤油をつけてもよし(*^u^*)❤

 

ぜひ、ご家庭でお試しください(*^_^*)

春のごちそう、入荷してます(^_^)

おはようございます、集荷担当スタッフです(^_^)/

朝晩の冷え込みに加え、日中も肌寒いなど花冷えが厳しい今日この頃ですが、今日は暖かくなるようですね☆ 暖かさに油断せず、体調管理に努めたいものです(^_^;)  どうぞ、皆様もお気を付け下さいm(>_<)m

 

お店には春のご馳走である筍や山菜(わらび・ふき・つわ)の生や水煮が店頭に並んでいます。

生の筍や山菜を自宅で茹でるのはなかなかハードルが高いですが、水煮だとすぐに調理できるのがいいですよね♪

 

 

 

筍と鰹節で土佐煮にしたり、筍とつわでちらし寿司や煮物にしても美味しいですし、多めに作った筍の煮物に溶いた天ぷら粉をつけて天ぷらにしても美味しいですよ(*^u^*)❤

 

その日により入荷しない場合や売り切れている場合がございます。

あらかじめご了承ください。