丸オクラと角オクラ

こんにちは、集荷担当スタッフです(*^_^*) 今回は先週から集荷で大月より届き、店頭に並び始めたこのお野菜の事を少し。

 

『丸オクラ?普通のオクラとどこが違うの?』と、思われた方も多いかもしれません。かくいう私もその一人(笑) この写真では分かりにくいですが、よーーーく見て頂くとわかるかな?オクラの特徴でもある角がなく、丸いフォルムなのが伝わります………か?(この写真のアングルでは伝わりにくいですよね……(^_^;) )

 

*丸オクラの特徴(^_^)σ

丸オクラはよく見かける角オクラ(断面が星形)と比べると断面も丸型に近くてスラッと細長いのが特徴です〇 細身ながらもしっかりとした肉質なオクラです♪

 

*角オクラと丸オクラの食べごろサイズの違い

角オクラは断面が五角形の星形で、7cmから10cmほどのものが食べ頃の大きさです。(ハウス栽培のオクラは成長スピードが速いので大きくても柔らかいです)

丸オクラは細長く断面は丸い形で、10cmから15cmほどのものが食べ頃の大きさです。

 

角オクラは成長し過ぎると筋張って硬い食感になりますが、丸オクラは大きく成長しても柔らかく、生でも食べやすいのが特徴で、厚みがありつつ柔らかいので生で食べることもできるので、ポリポリとした食感を楽しむことができます☆

通常のオクラ(特に露地の物)は大きく成長すると実に筋が入って硬くなってしまって、包丁を入れると『ガリっ・ザクッ』という音がしてしまいますよね…………(^_^;) その点、丸オクラの場合はその筋がないため、成長しても硬くならず柔らかさをキープできるのだとか。

オクラに含まれている主な栄養成分として(下記)があるので、暑い夏を乗り切るのにおススメの野菜です☆
・ムチン・・・タンパク質の消化を促す
・ペクチン・・・水溶性食物繊維の一種。便秘の解消や動脈硬化、糖尿病などの予防に役立つ
・カリウム・・・体内の余分な塩分を排出してむくみを解消
・βカロテン・・・βカロテンは皮膚や粘膜、視力を正常に保つ働き
・ビタミンK
・葉酸
・鉄分

※(ムチンとペクチンはオクラ特有の粘り成分です)

 

オクラのネバネバパワーで夏の暑さを乗り切りましょう(*^_^*)